メインイメージ

包丁ブランド、「ヘンケルス」

お料理をしている方なら一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。「ヘンケルス」はドイツの有名な刃物メーカーです。包丁やキッチンばさみは日本でもとても人気があります。包丁につけられた双子マークや一人マークを見れば一目でわかる方も多いですね。
このマーク、双子マークは「ツヴィリングブランド」と呼ばれ、一人マークは「ヘンケルスブランド」と呼ばれています。ツヴィリングブランド方がプレミアム感があり、商品の価格も高めとなっています。シェフや、本格的にお料理をされている方に人気があります。
一方、ヘンケルスブランドは、価格もリーナブルで手にとりやすい金額となっています。若い人たちや主婦にはこちらが人気のようです。人気の秘密は、使いやすさとデザイン性です。それまで日本で使われていた包丁といえば、柄の部分が木製であったり、黒っぽく塗られている包丁が一般的でした。
しかし、ヘンケルスの登場で日本の包丁文化にも新たな変化が起こりました。まず、そのスタイリッシュなデザインが多くの日本人にも好まれ、選ばれるようになりました。現在では、包丁だけでもさまざまな種類の商品があります。柄の部分のアーチがそれぞれに異なるもの、また、その柄もステンレスのシルバーで男性にも好まれるようなデザインから、ピンクやイエローといったキッチンに立つのが楽しくなるようなカラフルなものまでそろっています。
そして、もちろん、包丁の使いやすさ、切れ味はいうまでもありません。ドイツだけでなく、日本や中国スペインといった国でも製造されていますが、しっかりとした品質管理がなされており、一度使った人は、長く使い続けるというのもうなずけます。
包丁は、一度使い始めるとすぐに買い替えるというものではありません。そして、料理の際には欠かせないキッチンツールです。だからこそお料理が楽しくなるような、そして、自分にとって本当に使いやすいものを選ぶことが大切ですね。
もちろん、伝統的な日本の包丁も負けていません。
堺の包丁メーカーであり、研ぎに定評のある堺英は逆にドイツに輸出も行っている業界では有名な包丁メーカーです。

一人暮らしを始める際に用意すべき三徳包丁

初めて一人暮らしをするようになると、何かと用意しなくてはならないものが多くあります。家具や家電はもちろん、食器や調理器具など多くのものが必要になります。これらのもののほとんどが、ないと困るものであり、生活を始める前に一通り揃えなくてはなりません。家具や家電などはもちろん、食器や調理器具などもこまごま買い求めているとかなりお金がかかってきます。できるだけ費用を節約したいと、100円ショップなどで食器や調理器具などを買う方も多いでしょう。
しかし包丁は100円ショップなどではなく、しっかりしたものを購入することをおすすめします。一人暮らしであれば三徳包丁が一本あれば十分です。三徳包丁だけでは不安と言う方は、フルーツナイフなどを一本用意してもいいかもしれません。しかし基本的には三徳包丁を一本用意しておけば、新生活を送る上で不便はないでしょう。購入する際には、安いものではなく、長く使えるものを選ぶようにしましょう。
何本かセットになっている包丁を数千円で買うよりは、同じ金額で1本買った方が、後々便利です。ステンレスのものであれば、さびにくく切れ味もよいので、初めての一人暮らしにはおすすめです。
安価な三徳包丁ですと、すぐに刃こぼれして切れ味が悪くなってしまいがちです。何かとお金のかかる新生活の準備ですが、包丁にはお金をかけても損はありません。丁寧に使っていけば、何年も同じものを使っていくことができます。
加えて、小型の包丁研ぎ器なども購入しておくといいでしょう。
数百円程度から売っていますし、小型のものも多いので場所をとりません。砥石を使って研げるようになるといいですが、最初は難しいのでこういった研ぎ器を利用する方がいいです。切れ味が悪くなってきたと思ったら、こまめに研いでいくと、より長く包丁を使うことができます。
一人暮らしに便利な三徳包丁、せっかくならいいものを一本購入し、長く使い続けることをおすすめします。

Copyright© 2013包丁を綺麗に研ぐ方法、色々な場面で役立つ包丁選び教えちゃいます All Rights Reserved.